日焼けシミを防ぐ方法とできてしまったシミの解消法教えます!

若い頃の小麦肌をあとから後悔…

 

はじめまして、私は今年31歳になる女性です。

 

実は30代になると同時に私に1つ、大きな悩みができました。

 

それが顔や手のシミです。

 

 

 

今まで全くシミとか出ていなかったと思うんですが、30歳になって突然、

 

顔や手など数か所のシミを発見することになってしまいました。

 

シミができると汚いし、急にオバサン臭くなりますよね。

 

これが今後もっと増えてくるかと思うと、ゾッとします…。

 

 

 

思えば、10代の頃とか全く日焼け対策してこなかった私。

 

それどころか、その時代はちょっと焼けてた方がオシャレと思ったりもしてました。

 

 

 

20代になってからは、さすがに夏など日差しが強い時には日焼け止めを塗るようにしていましたが、

 

それもかなりいいかげんで、適当な紫外線対策しかしていませんでした。

 

 

 

それがこんな形で跳ね返ってくるなんて…。

 

過去に戻れるなら、将来シミになるなんて全然考えていなかった昔の自分を叱ってやりたい気分です。

 

 

 

 

 

 

でも、過去には戻れないし、できてしまったシミはどうにかするしかありません。

 

そこで、シミはどうしたら防げるのか?シミを消すにはどうしたらいいか?

 

色々調べてみることにしたんです。

 

日焼けするとシミができる理由!

 

シミを防ぐ方法、シミを解消する方法を紹介する前に、そもそもなぜシミができるのか

 

簡単に紹介しておきたいと思います。

 

 

 

太陽の光(紫外線)を浴びると、人によって皮膚が赤くなる場合と黒くなる場合がありますよね?

 

このうちシミができやすい人は、黒く日焼けしやすい人の方です。

 

 

 

そもそも肌が黒くなるのは、身体が「メラニン」という物質を作り出すことが原因。

 

メラニンは紫外線を吸収して肌を守ってくれるバリア機能を持っています。

 

これによって、赤く日焼けする人に比べてヒリヒリ痛んだりすることが少ないんですね。

 

 

 

しかし、問題なのは角質層より更に奥の基底層でメラニンが作られるということ。

 

メラニンの一部はすぐに肌の表面まで出てきて、肌を黒く日焼けさせますが、

 

残りのメラニンは肌の内側に留まってしまうんです。

 

 

 

肌にはターンオーバーというものがあり、肌の表面は古くなると垢として剥がれ落ち、

 

角質層がどんどん押し上げられる形で新品の肌になっていきます。

 

日焼けによってメラニンが付いた奥の角質が、ターンオーバーによって徐々に押し上げられ、

 

表面に出てくると新品の肌なのに一部分だけメラニンがついて汚く見える。

 

これがシミの正体です。

 

 

 

若い頃に日焼けし放題だと、20代後半〜30代くらいでこのようなシミが目立つようになります。

 

日焼けから出てくるまでにかなり時間がかかるのが憎らしいですね…。

 

 

シミには種類がある

 

 

 

シミはできる場所やシミの性質によって6つの種類に分けられます。

 

シミの種類によって対策が変わることもあるので、自分のシミがどれなのか参考にどうぞ。

 

 

老人性色素斑

 

最もよく見られるシミで、日焼けの積み重ねや老化が原因のシミです。

 

老人性とかいう名前がついていますが、別にお年寄り限定な訳ではなく、20代・30代の

 

人でも普通に出てきます。

 

最初は目立ちにくい薄い色ですが、徐々に濃いシミになっていくが特徴です。

 

紫外線が当たりやすい顔や手などによくできます。

 

 

脂漏性角化症

 

ちょっと立体感のあるシミで、「大きなホクロ」みたいに見えるもの。

 

こちらも日焼けの積み重ね・老化が原因となります。

 

大きさや色は様々ですが、どんな色でもボコっとしているので目立つことが多いでしょう。

 

直接脂漏性角化症となることもありますが、老人性色素斑を放置してこちらに移行することも。

 

 

花弁状色素斑

 

肩や背中を中心に小さな斑点がたくさんできるシミ。

 

老人性色素斑などと違うのは、日焼けの積み重ねではなく、一度に強い紫外線に当たることで

 

作られるシミということです。

 

小さな斑点ですが、大量にできるので、これもかなり目立つシミと言えます。

 

 

雀卵斑

 

いわゆる、そばかすのことで、鼻の周りや頬を中心に小さな薄茶色の斑点ができるシミ。

 

そばかすができる原因は遺伝で、日本人には少ないそうです。

 

できる人は子どもの頃から出てきます。

 

日焼けによってより濃くなることがあるので、そばかす体質の人も日焼け対策は必須です。

 

 

炎症性色素沈着

 

ニキビ跡、傷跡のた部分にできるシミ。

 

ニキビをつぶしたり、肌をゴシゴシ擦ったりという間違ったスキンケアでも起こりますので

 

シミを作りたくない人は要注意ですね。

 

これもシミ部分が紫外線に当たると濃くなってしまう特徴があります。

 

肝斑

 

目の下や頬骨のあたりにできやすい薄茶色のシミ。

 

ホルモンバランスの乱れで起こるシミで、妊娠・更年期・生活の乱れ・ストレスなどが原因となります。

 

他のシミ同様紫外線に当たるとより濃くなってしまいます。

 

 

 

 

シミができる原因は日焼け以外にもありますが、シミが紫外線を浴びると濃くなるのは

 

どのシミも同じです。

 

シミを目立たせたくない、悪化させたくないのであれば紫外線対策は必須ですね。

日焼けシミや日焼けによるシミの悪化を防ぐ方法!

 

 

 

シミの原因となったり、シミを悪化させる紫外線。

 

そんな憎き紫外線を防ぐ方法は色々あります。

 

ここではそんな紫外線対策とそれぞれのメリット・デメリットを紹介。

 

自分自身のコンディションや状況に合わせて、紫外線対策を使い分けてみてください。

 

 

日焼け対策をする

 

衣類やアクセサリー日焼け対策

 

 

 

紫外線対策の基本ですね。

 

衣類などで物理的に紫外線をシャットアウトすることで、紫外線を防ぐ方法です。

 

完璧に紫外線を防ぎたいのであれば、UVカット加工された衣類、日傘や帽子、サングラスをしましょう。

 

夏物の衣類などは最初からUVカット加工されている物も多いですが、市販のUVカットスプレーを使えば、

 

UVカット加工されていない衣類や日傘もUVカット仕様にすることができます。

 

 

【お徳用】『衣類の紫外線カットスプレー』UVカットスプレー(衣類・布用)大人気♪紫外線対策スプレーです。たっぷり大容量だから色々なものに使えますね。UVカットスプレー/紫外線カットスプレー/紫外線防止

 

 

 

やること自体は単純ですし誰でもできますが、問題は暑い!ってこと。

 

熱中症にはくれぐれもご注意ください。

 

また暑い日に完全に顔や身体を覆ってしまうと、どうしても不審者風になってしまいます…(笑)

 

メリット

 

  • 肌の状態に関係なく、日焼け対策できる

 

デメリット

 

  • 暑い日は地獄
  • オシャレがしにくい

 

日焼け止めを塗る

 

こちらも定番の紫外線対策ですね。

 

ただ、日焼け止めは結構刺激が強く、使い方には注意が必要です。

 

 

 

まず、SPFとかPAという数値は高ければ高いほど良い訳ではありません。

 

日差しが強い日にずっと屋外にいるみたいな状況でない限り、日常使いではSPF20++くらいのもの

 

充分で、それ以上高いものは肌に刺激になるだけです。

 

 

 

また、日焼け止めは紫外線吸収剤を使用しているものと、紫外線散乱剤を使用しているものの

 

2種類がありますが、紫外線吸収剤使用のものは刺激が強く、日焼け止めがシミの原因になることも…。

 

肌が弱い自覚がある人は、紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めを使うようにしましょう。

 

 

メリット

 

  • 厚着しなくても紫外線対策できる

 

デメリット

 

  • 刺激が強く、肌荒れを起こすことがある
  • 塗り直しが面倒

 

飲む日焼け止め

 

 

 

近年登場した新しい日焼け止めです。

 

これは日焼け止めサプリとも言われ、飲むだけで身体の中から紫外線ダメージを防ぐ効果が期待できます。

 

これはニュートロックスサンという成分によって、紫外線を浴びる際に発生する

 

活性酸素を抑制してくれる働きがあるためです。

 

ニュートロックスサンはシトラス、ローズマリーという2つの天然成分を抽出した成分なので副作用もありません。

 

 

 

ただ、飲む日焼け止めだけでは完全に紫外線のダメージを防ぐことはできず、

 

60%程度の紫外線カット効果と言われています。

 

飲む日焼け止めだけで完全に紫外線を防げるわけではないので、

 

あくまで紫外線対策の補助的な位置づけとして使ってください。

 

 



 

 

メリット

 

  • 肌に刺激がない
  • 飲むだけなので楽

 

デメリット

 

  • 完全に紫外線を防げない

 

美白化粧品を使う

 

 

 

美白化粧品ってたくさん発売されていますが、の効果をご存知でしょうか?

 

肌のシミをとって白くする?

 

…と思ってしまいがちですが、実は違うんです。

 

美白化粧品の主な効果は、紫外線によるメラニンの生成を抑えること。

 

だから、今あるシミを取り除くっていうよりも、シミを予防するためのものなんですよ。

 

(多少シミを取る効果もありますけど)

 

 

 

そのため、美白化粧品を毎日使っていれば日焼けやシミを抑える効果が期待できます。

 

しかし、これは紫外線対策にはなりません。

 

あくまで、メラニンを抑えるだけで紫外線を抑える効果はないため、

 

紫外線による他の害(日焼けによる炎症など)は全く抑えることができないんです。

 

だからこ美白化粧品も他の紫外線対策+αとして使うのが良いと思います。

 

 

メリット

 

  • 日焼けしても黒くならない

 

デメリット

 

  • 紫外線対策ではないため、シミ以外の紫外線の害はモロに受ける

 

 

健康的な生活習慣

 

シミは皮膚の表面にできるものなので、外側だけを見てしまいがち。

 

ですが、シミ対策には身体の中からシミができにくい身体作りも大切です。

 

不健康な生活をしているとそれだけシミもできやすくなるので、↓の内容を参考に

 

生活を見直してみてください。

 

 

シミ予防効果の食べ物を多めに食べる

 

 

 

シミは食べ物でもある程度予防することができます。

 

上で飲む日焼け止めを紹介しましたが、同じように抗酸化作用のある食べ物は

 

シミ予防に効果的なんです。

 

↓の表では抗酸化作用のある食べ物や、シミに良いと言われる食べ物をまとめてみました!

 

 

効果

主な食べ物

ビタミンC

抗酸化作用、メラニン生成を抑える 柑橘類、いちご、イモ類、ほうれんそうなど

ビタミンE

抗酸化作用、老化防止、新陳代謝を高める ナッツ類、うなぎ、植物油、いくらなど

ビタミンA

抗酸化作用、肌の老化防止 レバー類、モロヘイヤ、人参、海苔など

ポリフェノール

抗酸化作用、血行改善など ブルーベリー、ワイン、緑茶、コーヒーなど

 

特に頑張って食べたいのはビタミンCです。

 

ビタミンCはシミ予防の他、今あるシミも消してくれる効果がありますが、そのような効果を得るためには

 

1日1500〜2000mgを目安として毎日摂取しなければなりません。

 

しかも、すぐに尿として出てしまうために、毎食に分けて摂るのが理想なんです。

 

 

 

ただ、ビタミンCについては1つだけ注意があります。

 

ビタミンCと言えばレモン、グレープフルーツ、オレンジなど柑橘系やキュウリ、セロリが思い浮かぶ人も

 

多いと思いますが、実はこれらを外に出る前に食べると逆にシミができやすくなってしまうんです。

 

原因はこれらの果物・野菜に含まれているソラレンという成分。

 

ソラレンは紫外線に対する身体の反応を増幅してしまう効果があるのです。

 

効果は2,3時間程度なので、柑橘類などでビタミンC補給するなら夜にしてみてください。

 

 

睡眠とストレス解消をしっかり!

 

 

 

睡眠不足やストレスが溜まっている状態は、肝斑というシミの原因となります。

 

また、肝斑以外のシミでも睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が不足すると、シミが自然治癒で

 

治りにくくなってしまうんです。

 

なぜなら、成長ホルモンによって行う肌のターンオーバーが正常にできなくなってしまうから。

 

 

 

睡眠とストレスは切っても切れない関係にあります。

 

睡眠が不足すればストレスが溜まりやすく、ストレスが多いと不眠症になったり眠りが浅くなったり

 

してしまうんです。

 

 

 

熟睡できない、ストレスが溜まっていると感じている人は、寝る前の習慣を見直してみるのをおすすめします。

 

寝る直前あなたは何してますか?

 

もし、テレビを見てたり、家事でバタバタしているようであれば、これが良い睡眠を妨げる原因かもしれません。

 

寝る30分前にはテレビやスマホなどを消し、家事も終わらせて、自分だけのリラックスタイムを作るように

 

してみてください。

 

 

 

例えば、ぬるめのお湯に浸かったり、ハーブティーを飲む、アロマを炊くなどで心をゆったりさせてあげるんです。

 

こうすることで、スムーズに睡眠に入れるようになりますし、一日のストレスを解消する時間にもなります。

 

成長ホルモンは就寝後3時間が最も多く分泌されるので、スムーズな眠りは必須。

 

寝る前の習慣として是非取り入れてみてください。

 

もしも日焼けシミができてしまったら…?

 

続いては今あるシミを解消したい場合の方法です。

 

これには大きく分けて病院でシミを取る方法と、自分で取る方法の2つがあります。

 

 

美容皮膚科、美容外科での治療

 

 

 

シミ取りを確実に綺麗にしたい場合、美容皮膚科とか美容外科を受診するのが

 

最も確実な方法です。

 

一般の皮膚科でも診てもらえることはありますが、いずれにしても見た目だけの問題であれば

 

保険は適用されませんので、それなりに治療は高額になります。

 

治療方法としては、シミの状態によってレーザー治療、塗り薬・飲み薬の処方などを行います。

 

 

レーザー治療

 

 

 

レーザーを照射して、シミを消す治療です。

 

お値段としては直径1cm程度のシミで1万円程度が相場と言われ、

 

シミが大きくなって照射回数が増えるほど値段が上がっていきます。

 

私自身は体験していませんが、部位によっては結構痛いみたいですね…。

 

レーザー治療はほとんどのシミに効果がありますが、唯一肝斑だけは消せません。

 

(※最近、肝斑も取れるレーザー治療ができたようです。)

 

 

薬による治療

 

 

 

病院では市販では購入できないお薬も処方してもらえます。

 

ここでは代表的な治療薬を2つ紹介しますね。

 

 

ハイドロキノン

 

メラニン生成を抑える薬。

 

一応市販もされていますが、2%以上の配合量のものは医師の処方してもらう必要があります。

 

シミにはかなり即効性の高い薬と言われますが、その分値段が高い(5gで2,500円程度)ですし、

 

副作用が強く、肌が赤くなったりヒリヒリしたりする人が多いようです。

 

 

トレチノイン

 

肌のターンオーバーを促す薬で、メラニンを身体の外に排出しやすくする薬。

 

こちらは病院でしか手に入りません。

 

ハイドロキノン以上に値段が高く(5gで7,000円)、肌が赤くなったり剥がれる

 

といった副作用があります。

 

 

 

これらの薬は、レーザー治療では治せない肝斑にも効果があるようです。

 

どちらも効果が強い分副作用も強いため、医師の指示に従って使うようにしてくださいね。

 

 

 

病院での治療のメリット

 

  • 高確率でシミを消せる
  • どんなシミでも消せる

 

病院での治療のデメリット

 

  • 値段が高い
  • 何度も通う必要がある

 

 

家庭でシミを消す方法

 

「病院は高いし、自分で治したいなぁ」という方も多いと思います。

 

私もそんな1人で、できることなら安く済ませたいと考えていました。

 

シミの種類(脂漏性角化症、花弁状色素斑、肝斑)病院でないと手に負えないシミもありますが、

 

一番多い、老人性色素斑や炎症性色素沈着といったシミは自分で治すこともできるんです!

 

 

シミの予防と改善ができる薬

 

 

 

その方法とは、L-システイン薬を使うこと。

 

ネットでは「L-システインサプリ」と呼ばれることもありますが、「第3類医薬品」に指定されているので、

 

れっきとしたお薬ですね。

 

病院で処方される薬のように高くなく、副作用もマイルドなのでまずはこれから試してみるのを

 

個人的にはお勧めしたいです。

 

私が実際に飲んで、顔や手にあったシミを無くすことができたのは

 

「ホワイピュア」っていう商品です。

 

 

 



 

 

 

L-システインという成分には、主に3つの働きがあります。

 

  • ターンオーバーの正常化
  • 新陳代謝を促す
  • 活性酸素の除去

 

これらの作用によって、シミになっているメラニンを対外に排出してシミを消すだけでなく、

 

日焼けなどによって作られる新たに作られるメラニンを予防する効果まであるんです。

 

ただ、L-システインはビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6と一緒に摂らないと上手く働きません。

 

 

 

L-システイン配合の薬はいくつか発売されていますが、「ホワイピュア」の一番の一番だと

 

思うところは、この3種類のビタミンが一緒に沢山摂れることです。

 

例えば一番有名な「ハイチールCホワイティア」には実はビタミンB2、B6が入ってません。

 

その他の商品と比較しても、L-システインが240mg、ビタミンC配合量1,000mg配合されている

 

「ホワイピュア」は私が見たもの飲中では一番優秀でした。

 

これだけ入っていれば、食事にそれほど気を遣わずに済みますよね。

 

 

 

「ホワイピュア」に限らず、L-システインが入った薬は副作用が記載されています。

 

皮膚症状として発疹・発赤、かゆみ、消化器症状としては吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛などです。

 

L-システイン薬は第3類医薬品でそれほど強い薬ではないですし、L-システインが大量に含まれている

 

海外製の商品でなければ、ほとんど副作用はないと思いますが、用法・用量は必ず守ってくださいね!

 

「ホワイピュア」は朝夕食後に3錠ずつ飲めばオッケーです。

 

 

 

また、長く使い続けていると白髪になるという話もありますが、これはビチオン(ビタミンH)という成分を

 

一緒に摂取すれば防ぐことができます。

 

私も念のため、ビチオンサプリと一緒に使っています。

 

お一人様1点まで!限定価格★★ビオチン(ビタミンH) 5000mcg 120粒NOW正規販売代理店

 

 

 

L-システイン薬を使うメリット

 

  • 副作用が少ない
  • 飲むだけで続けやすい
  • 病院に比べて安く済む

 

L-システイン薬を使うデメリット

 

  • シミを消すのに時間がかかる
  • 全てのシミが消せるわけではない(肝斑や脂漏性角化症など)

 

 

 

 

さて、実際の効果の方ですが、私は顔や手に薄いシミがポツリポツリとある状態で飲み始め、

 

2か月くらいで大部分のシミを消すことに成功!

 

病院で治療すれば数万円するようなことが、1万円以下で家にいながらスッキリしてとても満足してます。

 

飲み続けることで、シミ予防の効果もあるので、これからも続けてみたいと思いってますよ。

 

 

 

ホワイピュアは定期購入することで、初回2,900円、2回目以降4,930円で購入できます。

 

シミ消しだけであれば2,3か月程度の服用が目安ですので、とりあえず定期購入してみるのが

 

おすすめですね。

 

定期購入の初回には、おまけに美白クリームも付いてきますよ。

 

(単品購入もありますが、5,800円と高く、定期購入がいつでも解約できるため、

 

単品購入のメリットはありません。)

 

 

 

今ある日焼けシミをどうしても消したい場合はまずは「ホワイピュア」を試し、並行して日焼け対策を

 

やっていくことをおすすめします。

 

一日も早くあなたの美肌が取り戻せることをお祈りしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連サイト:
日焼け止めで肌荒れした時のケアと絶対肌荒れしない紫外線対策!
日焼け止めクリームのせいで肌荒れに!肌が荒れない日焼け対策は?
日焼け止めで肌荒れしないための対策!塗らずに紫外線を防げる!?
汚い背中をきれいにする、たった5つの方法とは
脇の黒いシミを治すには?黒ずみの原因をなくして綺麗な脇に!